PXL_20220219_133314216
PXL_20220219_133314216

press to zoom
561750_500301166647926_234775992_n (1)
561750_500301166647926_234775992_n (1)

press to zoom
75026_581109191900456_1096457955_n
75026_581109191900456_1096457955_n

press to zoom
PXL_20220219_133314216
PXL_20220219_133314216

press to zoom
1/12

越智  萌|Megumi OCHI
刑事法から世界を見る|Watching the World through Criminal Law

世界で生じる様々な事象。

「刑事法」という観点から見ると新たな側面が見えてきます。

このサイトでは、「犯罪」とその国際的な「取締まり」という「国際刑事司法」の観点から国際問題を分析する研究を紹介しています。

国際刑事司法 ​International Criminal Justice

Various events occur in this world.

The perspective of "criminal law" shows us a new aspect of the world.

This site introduces research that analyzes international issues from the perspective of International Criminal Justice, "crime" and its "control."

アップデート情報

​2022年5月19日 「国際刑事裁判所(ICC)についてわかりやすく解説するページ」を開設しました

2022年3月23日 「ロシア・ウクライナ紛争下での中核犯罪」ページを開設しました

内容
CONTENTS

並んだ本

研究
​Research

研究プロジェクト・成果について紹介しています。

On the research projects and results.

​→Go to the page

スケッチ市

ニュース&トピックス
ICL News & Topics

国際ニュースに関する解説へのリンクです。

Comments on the world news.

​→Go to the blog

​→Go to the twitter

Blue Skies and Yellow Fields

ウクライナ紛争
Ukrainien War 

ウクライナ侵攻に関連する中核犯罪についてまとめています。

A note on the core crimes under the invasion to Ukraine.

​→Go to the page

照らされた抽象的な形

研究資料
Research materials

研究に関連する資料やデータベースについてまとめています。

The pages on research materials and list of relevant databases.

​→Go to the materials page

​→Go to the database list

黒板に向かう教師

講座
​Courses

立命館大学において開講している授業について紹介しています。​
On the courses at Ritsumeikan University.

​→Go to the page

PXL_20220219_133314216_edited_edited_edited.jpg

国際刑事裁判所
​ICC

★国際刑事裁判所(ICC)について初心者です、という方向けの解説ページを設置しています

 

こちらから

作っている人
​The Creator

IMG_5176 (2).JPG

越智 萌 Megumi OCHI

立命館大学

国際関係学部国際関係研究科

准教授(博士(法学))

Ritsumeikan University

 College of International Relations and Graduate School of Interantional Relations, Associate Professor (Ph.D. in Law)

E-mail:

Official mtr19136[a]fc.ritsumei.ac.jp

LinkedIn

  • Twitter Basic Black
  • Facebook Basic Black

専門: 国際刑事司法

(国際法、国際機構論、平和紛争論)

Specialization: International Criminal Justice

(International Law, Internatioanal Oraganizations, Peace and Conflict Studies)

ジェノサイド、人道に対する犯罪、戦争犯罪、侵略犯罪といった、国際社会全体の関心事となる重大な国際犯罪(中核犯罪)がどのように、なぜ特別なのかについて研究しています。

Researching how and why the core crimes, the international crimes of concern to the international community as a whole, namely, genocide, crimes against humanity, war crimes, and crimes of aggression, are special.

刊行図書
​Books

505145.jpg

『国際刑事手続法の体系

― 「プレミス理論」と一事不再理原則

「国際刑事手続法の独立性と体系性を考察。国際刑事手続法の全貌と特徴を明らかにし、国際法学・国際刑事法学に新たな視点を提供する。」(信山社HPより)

出版年月日    2020/02/29
ISBN    9784797268362
判型・ページ数    A5変・512ページ
定価    本体7,800円+税

その他活動 Other Activities

インタビュー

2022年5月29日

NHKクローズアップ現代でウクライナでの戦争犯罪裁判について解説しました

ヘイトスピーチ(フローレンス20220409).png

2022年4月9日

国際学会でヘイトスピーチに関する日本の制度についての研究報告をしました

OCHI Megumi, Elements of the Local Osaka Ordinance that May Be Relevant to Community Self-Regulation at Religion, Hateful Expression and Violence (Florence, 8-9 April 2022)

​報告内容はオンデマンドで視聴できます。

https://www.cilrap.org/cilrap-film/220409-ochi/

新聞

2020年7月31日

メディア引用

フォーサイト記事「「大規模爆発」「内閣総辞職」でレバノン逃亡中「ゴーン」日本引き渡しの可能性」に、私のインタビューが引用されました。

​→記事を読む

2018-08-22 13.06.11.jpg

2018年8月22日

Chief of the Organizing Committee, the 6th AIDP Symposium for Young Penalists

国際刑法協会で研究報告をしました。

第6回国際刑法協会若手部会シンポジウムを、京都大学において主宰しました。

I held the 6th AIDP Symposium for Young Penalists at Kyoto University.

​→イベントページへ

裁判官

2016年2月21日

ICC Legal Tools Projectに参加

本HPのDatabasesでも紹介しているICC Legal Tools のデータベース編集チームに参加しています。

​協力者を募集しています。

2015-06-03 16.56.26.jpg

2015年5月30日

イタリア・シラクーザでの国際刑事法に関する特別コースに参加

Participated in 15th Specialization Course in International Criminal Law for Young Penalist, "Global Issues and Their Impact on the Future of Human Rights and International Criminal Justice, International Institute of Higher Studies in Criminal Sciences (ISISC) (Siracusa, Italy).

​​2015年5月30日~6月9日に行われた、刑事科学における高等教育の国際機関(ISISC)によるサマーコース「グローバル・イシューとそれらの人権と国際刑事司法の将来に対する影響」に参加

8513_619282731416435_1678319226_n.jpg

2013年6月9日

フィンランド・ヘルシンキ 国際刑法学会第四部会準備コロキアムに参加

国際刑法学会第四部会準備会にナショナル・レポーターとして参加(フィンランド、2013年6月9日~12日)

Participating the International Association of Penal Law XIX International Congress of Penal Law, Preparatory Colloquium, Section 4 (Helsinki, Finland)

National reporter

インタビュー

2022年5月29日

ウクライナでの戦争犯罪裁判についてフジテレビ日曜討論ザ・プライムに出演しました

​日本の戦争犯罪関連の国内法制についても議論しました。

新聞

2022年4月

ロシア・ウクライナ危機に関して複数のメディアに出演しました

・「キーウ近郊で虐殺か「戦争犯罪」になる?プーチン氏が裁かれる可能性は?」(Abema Prime)(2022/04/05)

・「ロシアのウクライナ軍事侵攻 ゼレンスキー大統領「ジェノサイド」訴え」(TBSラジオ萩上チキSession)(2022/04/05)

・特集「ロシアのウクライナ軍事侵攻。ロシア軍を国際法で戦争犯罪に問えるのか」越智萌(立命館大学・准教授)×荻上チキ×南部広美(TBSラジオ萩上チキSession)(2022/04/11)

ロシアの戦争犯罪を裁くことはできるのか|ウクライナ侵攻で注目を集める戦争犯罪と国際刑事裁判所。ロシアを国際法で裁くことは可能なのか専門家に聞く|ゲスト:越智萌(4/26)(ポリタスTV)(2022/04/26)

ritumeikann logo.png

2020年7月31日

立命館大学HPにインタビュー記事が載りました

Web授業の最前線(パート1)

​→記事を読む

裁判官

2018年4月1日

Judge, ICC Moot Court Competition

国際刑事裁判所(ICC)模擬裁判大会において、書面審査員を務めました

13244825_1191155000895869_37959889083476

2016年5月18日

ルーマニア・ブカレスト 国際刑法学会世界会議に参加

2016年5月18日~20日にブカレストで行われた、国際刑法学会の世界会議「刑法を通じた環境の保護」に参加しました。

10848058_934283796582992_766822803055571

2015年1月31日

オランダ・ハーグ 国際弁護士協会年次会議に参加

2015年1月31日から2月1日に、オランダ・ハーグの平和宮において行われた、国際刑事法に関する国際弁護士協会年次会議「2015に向けた国際的な法的挑戦」に出席しました。

併せて、国際刑事裁判所を訪問し、エカテリーナ・トレンダフィロヴァ判事や​、モハメド・エル・ゼイディ法務官とインタビューを行いました。

​→イベントプログラム

DSC02028.JPG

2018年4月1日

セルビア、ボスニア、コソヴォ 裁判実務家とのインタビュー

平成24年度未来共生フィールド調査「加害者と被害者の『隣人化』と移行期正義の取組み―旧ユーゴスラヴィア戦争犯罪実行者裁判と法の支配ミッションの現状」(セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、コソヴォ、2013年3月10日~21日)(「未来共生イノベーター博士課程プログラム」により派遣)

Field Research Project: ‘”Neibourization” of the Criminals and Victims and the Effort of Transitional Justice: Current Status of Prosecutions of War Criminals of the former Yugoslavia and Rule of Law Mission’

Researcher

インタビュー

2022年5月28日

ウクライナでの戦争犯罪裁判についてNHKサタデーウオッチ9に出演しました

出演内容の記事版はこちらです:

初の“戦争犯罪”裁判 専門家が指摘する特徴」(2020年6月3日)

新聞

2022年4月

ロシア・ウクライナ危機に関して複数のメディアに情報提供しました

・朝日放送テレビ「おかえり」(2022/04/05)

・報道ランナー(2022/04/06)

プーチン逮捕の現実味は?ウクライナ市民が罪に問われる可能性も?「戦争犯罪」「ジェノサイド」の基礎知識 (Abema Times)(2022/04/06)

・ロシアの責任 捜査はできるが…(読売中高生新聞)(2022/04/15)

「戦争犯罪」「ジェノサイド」とは何か その定義や“罪と罰”を解説(ShiRUto)(2022/04/30)

2019-11-16 03.04.49.jpg

2019年11月15日

XX International Congress of Penal Law 2019 - Criminal Justice and Corporate Business

国際刑法協会で研究報告をしました。

Megumi Ochi, "Large Scale Destruction of Environment as Core International Crime," XX International Congress of Penal Law 2019 - Criminal Justice and Corporate Business (Rome, Italy (Libera Università Internazionale degli Studi Sociali "Guido Carli"), 15 November 2019).

無題.png

2018年4月1日

LEXSITUS 講師

Centre for International Law Research and Policyが提供するオンライン講義LEXSITUSで、ICC規程20条の講師を担当しました。

​→レクチャーを見る

10958296_934283759916329_134597361776963

2016年1月30日

オランダ・ハーグ 国際弁護士協会年次会議に参加

オランダ・ハーグの平和宮において行われた国際弁護士協会による国際刑事法に関する年次会議「現代の戦争の法的挑戦」に参加しました。

​また、国際刑事裁判所の新庁舎を訪問し、バグボ事件及びンタガンダ事件を傍聴しました。

10615634_847588248585881_508449871363287

2014年8月31日

ブラジル・リオデジャネイロ 国際刑法学会第19回国際会議に参加

2014年8月31日から9月6日まで、リオで行われた国際刑法学会第19回国際会議に、Young Penalistとして参加しました。

テーマはサイバー犯罪で、主に国際刑事法の部会に出席しました。

また、ブラジルのスラム(ファベーラ)の見学ツアーにも参加しました。

148800_500304833314226_1115910092_n.jpg

2012年7月

アウシュビッツ・ビルケナウを訪問

アウシュビッツ強制収容所・ビルケナウ強制収容所の記念博物館を訪問しました。

新聞

2022年4月11日

軍事侵攻を受けての大学教育に関する取材を受けました

新聞

2021年1月22日

​ハイブリット授業について講演

立命館大学第3回教学実践フォーラム(教育開発推進機構)において、「対面/Webのハイブリッド式ゼミ授業~3タイプの参加形態確保の試み~」と題した講演をZoomにて行いました。

2019-08-24 09.37.03.jpg

2019年8月23日

Asian Society of International Law, 7th Biennial Conference

アジア国際法学会で​研究報告をしました。

Megumi Ochi, "A Pragmatic Approach to the General Principles of International Criminal Law?: The Role of Asian Laws,” Asian Society of International Law, 7th Biennial Conference Manila, Philippines (Novotel Manila Araneta Center, 23 August 2019).

2017-02-04 18.36.18.jpg

2018年4月1日

オランダ・ハーグ 国際弁護士協会年次会議に参加

オランダ、ハーグの平和宮で行われた、国際弁護士協会(International Bar Association)が主催する国際会議「危機にある世界)に参加しました。難民、裁判免除、テロ資金供与、Jus Post Bellumといったホット・トピックについて専門家らの講演を聞きました。

​別日には、ライデン大学でセミナー報告(上記参照)、また国際刑事裁判所(ICC)を訪問し、Ntaganda事件及びGbagbo事件を傍聴しました。

cda1aa6b0c3a458a20e44331c9bc8224_f2087.J

2015年10月4日

京都大学 アカデミックディ2015でポスター報告

2015年10月4日に京都大学で行われたアカデミックディ2015の「研究者と立ち話」で、「目を背けたい世界の大規模犯罪のその後」と題した、国際犯罪に対する処罰や被害者救済の動向に関するポスター報告を行いました。

​→イベントページへ

1377294_680199055324802_1242183852_n.jpg

2018年4月1日

シンガポール 「アジアにおける国際犯罪裁判会議」に参加

2013年10月16日から10月19日にシンガポール国立大学において行われた「アジアにおける国際犯罪裁判会議」に参加しました

39295_501850606492982_1076819405_n.jpg

2012年4月4日~9月30日

オランダ・ハーグ 国際刑事裁判所予審裁判部でインターン

International Criminal Court (Pre-Trial Chamber II) (The Netherlands, April 2012-September 2012)

Intern

​2012年4月1日から9月30日まで、トレンダフィロヴァ判事付きのインターンとして、半年間国際刑事裁判所で裁判実務に携わりました。